FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ザ・コスモポリタン スイート宿泊記4 

今回はベットルームなどの紹介

ベットルーム
ベットルーム
リビングルームからベットルームの部屋に入ると広いベットルームがある
ラップアラウンドスイートは基本的にワンベット(キング)の部屋らしい
ベットに寝転びながらテレビを見るのにはちょっとテレビの配置が悪いかな

ベットルーム
ベットルーム
ベットはアメリカにしては柔らかくなく寝やすかった
枕の置かれている壁の反対側は浴槽が置かれているので水を貯めているとうるさいです

バスルーム
バスルーム
ベットルームの横にドアなどで仕切りがなく壁だけでバスルームがある
このバスルームがベットルーム並に広く造られていてゆったりとしている

洗面台
シンク
シャワーブースを挟むように2つのシンクがあり使いやすい設計
シンプルな最近のデザイン

アメニティ
アメニティ
アメリカのホテルの標準的なアメニティが置かれている
マウスウォッシュが置かれているのはありがたい
シルバーの筒の中にはスポンジ、綿棒が入っていました

バスルーム
バスルーム
ベットルーム寄りの壁側に浴槽が置かれている
ガラスなどで仕切られていなく薄いカーテンのような物で仕切られているくらい
オープンな感じのバスルームになってるね

浴槽
浴槽
この浴槽が大きい!!
日本のホテルでも見たことのないような大きさと深さ
大人でも2人は余裕で入れそうな広さがある
深さはと言うと普通に入ると首までは浸かる深さがあって珍しい
浴槽が広いのに水量が豊富であまり時間がかからずに貯められた
この浴槽は日本を含めたホテルの中でもトップクラスの浴槽ですね!!

シャワーブース
シャワーブース
ゆったりとしたバスルームに広く造られたシャワーブースがある
リビングルームにあるシャワーブースもそうだけど広々していて使いやすい
こちらのシャワーはあまり水量が多くなくちょっと使いずらかったかな

アメニティ
アメニティ
シャワージェルなどは「C.O.Bigelow」というブランドだった
調べてみると意外と高めのブランドのようでこれはラッキー
毎日アメニティを補充してくれて3泊したのでたくさんのアメニティをお土産に♪
このブランドの石鹸とボディーローションがとてもいい香りでお気に入り!

トイレ
トイレ
バスルームの端にドアがありトイレがある
このトイレもバスルーム同様広い設計

まだまだ紹介は続きます
スポンサーサイト
[ 2012/01/24 21:38 ] The Cosmopolitan of Las Vegas | TB(0) | CM(0)

ザ・コスモポリタン スイート宿泊記3 

前回からのリビングルームの紹介の続き

冷蔵庫
冷蔵庫
キッチンにある冷蔵庫はミニバーと冷蔵庫の機能が半々になっている
ソフトドリンクからワインまで一通りの飲み物は用意されていた
ドリンクを持ち上げると加算される仕組みらしく注意が必要
自分で買ってきた飲み物を入れるスペースはあり困る事はない
完全に家の冷蔵庫サイズだから大きいもんね

スナック類
スナック類
キッチンにはスナック類も置かれていた
もちろん有料ですが・・・。
ポテトチップス、ポップコーン、プレッツェルなどといかにもアメリカのスナック
このいかにもなスナックがビールなどのおつまみには最高なんだけどね!

料金表
料金表
こちらがミニバーやスナック類の料金表
ざっと見た限り、コーラが5ドル、ビールが7ドルとそこまで高い印象はない
連泊するならスーパーなどで買ってくれば同じ値段でダース買いできます

器具
器具
カウンターバーにはカクテルを作るシェイカーなどの器具が置かれている
あとはリキュールがあれば一通りのカクテルは作れるんじゃないかな??
棒Zは一切使わない器具の置き場でした・・・。笑

化粧室
resize1767.jpg
リビングルームにサブの化粧室、シャワールームがある
スイートだからお客さん用として使われるのかな?!
お客さん用とは言え広くゆったりと造られていて不自由しない
この画像の後ろにトイレがあります
アメニティも一通り揃っていてありがたい
お土産用のこちらに置いてあったアメニティを持ち帰ってきました☆

シャワールーム
シャワールーム
このシャワールームがまた広い!
これだけの広さなら圧迫感もなく気持ちよく使えます
せっかくなんでこちらのシャワールームも使用しました
ヘッドが動かなくちょっと不便だったけどしょうがない
水量、温度と不満なく使えて◎

次回はベットルームなどを紹介しようかと思います
[ 2012/01/19 20:23 ] The Cosmopolitan of Las Vegas | TB(0) | CM(0)

ザ・コスモポリタン スイート宿泊記2 

今回宿泊したのは「WRAPAROUND TERRACE SUITE」という部屋
カテゴリーでは一般客が予約できる中では上から2番目の部屋になるのかな?
上お得意様には多分ペントハウスなんかが用意されることでしょう・・・。
コスモポリタンの特徴でもある部屋にベランダがある部屋
それも部屋の名前でわかるようにテラスに囲まれたスイートらしい
どんな部屋なのか楽しみです!

ちょっと画像では部屋がよくわからないかもしれないからここを参考に↓
オフィシャルサイト
コスモポリタンのオフィシャルサイトで間取りなどが見られます

エントランス
エントランス
ドアを開けると広々としたエントランスがあります
ここだけでスーツケースを何個も置ける広さ
壁には大きな鏡があり出かける前のちょっとしたチェックに便利
部屋まで行く廊下もちょっと長めで部屋の広さを期待できる

リビングルーム
リビングルーム
廊下を歩いて来てすぐにリビングルームがある
広い!!
テラスを除いて部屋だけで約110㎡の広さがあるらしい
このリビングルームだけでも50㎡はあるんじゃないかな?!
写真左側から入ってきてリビングルームを見ている感じです
この後ろにはキッチンがあります
写真左奥にドアがありベットルーム、バスルームになっている

リビングルーム
リビングルーム
反対側から見た画像
これだけゆったりと設計されていればくつろげますね☆
キッチンもあるしちょっとしたパーティー開けるんじゃない♪

ダイニングテーブル
テーブル
リビングに入ってきてすぐにダイニングテーブルがある
キッチンもすぐ横にあるし何かと便利
奥に見えるドアはリビングルーム用のトイレ、シャワールームです

ソファー
ソファー
こちらはソファー
大人4人がゆったりと座れるサイズのソファーでくつろげる
アメリカのソファーにしては柔らかすぎずに座りやすかった
ここに座ってテレビを見るのはテレビが真正面になくちょっと見づらかったかな

チェアー
チェアー
窓際にチェアーが置いてある
形がちょうどくつろげるようになっていて◎
テレビの真正面だしカーテンを開ければラスベガスの風景が見られるから最高!
結構この椅子に座っていた時間が長かったような気がする

キッチン
キッチン
エントランスからの廊下を入ってきて左側にキッチンがある
設計当初はコンドミニアムで販売しようとしていたらしくその面影かもしれない

キッチン
キッチン
サイズと設備的にフルキッチンですね
電子レンジはもちろん、オーブン、食器洗い、IHまであり普通に調理ができる
食器類はグラスなどしかなく調理器具はなかった
料理をしたいなら持参するしかないのかも??

キッチン
キッチン
キッチンはカウンターキッチンになっていてカウンターに椅子もある
この画像ではわからないけどカウンターに2つ椅子がありバーカウンターみたくもできる
これだけの設備があれば家族で普通に滞在ができる
スイートだけどやはりコンドミニアムの雰囲気が強い部屋なのかもしれない

まだまだ部屋紹介は続きます
[ 2012/01/15 19:53 ] The Cosmopolitan of Las Vegas | TB(0) | CM(0)

ザ・コスモポリタン スイートルーム宿泊記1 

ラスベガスに行くと悩みでもあり楽しみなのがホテル選び!
高級からエコノミー、テーマが色々と候補がたくさんでてくる
どうせなら泊まった事ないホテルにしようと思い探してみると発見!
ストリップの開発エリア、シティセンター内にある「The Cosmopolitan of Las Vegas」
2010年12月にオープンで現時点でもラスベガスで1,2番に新しいホテルかな!?
シティセンター内にはマンダリンホテルや高級ホテルが何軒かあり場所は悪くない
新しいし場所もいいし興味もあるんで予約する事に

ホテル外観
ホテル外観
ラスベガスのメインストリート、ストリップの中心と言っていい場所にあるホテル
数年前から開発が進みようやく終わったのなか?シティセンターにあります
写真では青のライトが点いているのがホテルです
実際にはイーストサイド、ウエストサイドと2つの建物がある
写真の建物はイーストサイドで左のビルで隠れているがウエストサイドも並んでいる

エントランス
エントランス
車でホテルへ行く場合はシティセンターの大きな交差点を曲がりホテル沿いに進んで行く
入口はほんとにこじんまりとしていて本当にここでいいの??って不安になるくらい
エントランスに入るとすぐにCOSMPOLITANとサインがあるので一安心☆

エントランス
エントランス
ラスベガスのホテルにしてはこじんまりのエントランス
車線も狭く柱に擦ってしまいそうな程
柱にはやはり多数の擦った痕があったから気をつけましょう!

駐車場はラスベガスではおなじみのバレー駐車とセルフ
ホテル規模がそこまで大きくないのかいつ行ってもバレーは空いていた

ロビー
ロビー
ホテル内に入るとすぐにロビーがある
写真だけ見たらラスベガスのホテルっぽくないかも?!
ま~、オシャレでモダン
ロビーだけではカジノの雰囲気がまったくなし!
ストリップ側からホテルに入るとすぐにカジノだけど車でくるとすぐにロビーです
空港からホテルに着いて大きな荷物を持って歩くのは大変だからこの設計は◎
カジノはイーストサイド側にあるのでこんな造りになっている

フロント
フロント
入口からきてロビー左奥にフロントがある
フロント数は多くはないけどチェックイン・アウトと待たずにできた
色々とリクエストしたけど快く対応してくれてホテルの印象が想像以上によくなったね

ロビー
ロビー
それにしてもこのロビーは見ていて飽きない!
モニターで埋め尽くされた柱の映像がコロコロと変わりおもしろい
何回か鯉やアジアを意識した映像にもなりちょっとうれしくもなる

エレベーター
エレベーター
最上階は61階??
フロントで色々とリクエストして高層階をアサインしてもらいました
宿泊階は55階!!
高層階ってだけでワクワクしちゃう棒Zです

ちなみに宿泊フロアを3つかな?に分けてエレベーターが設置されていた
この50~61階まで行くエレベーターが4か5基はありいつでも待たなく乗れた
大きなホテルになればなるほどエレベーターの数って重要になるよね

廊下
廊下
エレベーターを降り宿泊するホテルへ
ラスベガスのホテルって事もあり降りてから部屋まで結構歩きました

これから部屋などを何回かにわけて紹介しようと思います
[ 2012/01/12 19:43 ] The Cosmopolitan of Las Vegas | TB(0) | CM(0)

2012年になりました! 

2012年になりました!

11年は震災など変化のある1年でした
心機一転1年頑張っていきたいと!
ブログは細々と頑張って続けていきます!!
今年もよろしくお願いします。
[ 2012/01/01 01:11 ] 日記、独り言 | TB(0) | CM(1)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。